協同組合 建築構造調査機構
構造設計の義務付け

1.新築建物の構造設計(組合員を紹介)

様々な建築物の構造設計を、各組合員が受注できるよう、営業、技術面を集約して 活動しています。

2.耐震診断、改修(補強)設計(組合員を紹介)

今後、中古マンションの需要が高まると予想されています。売買時に、耐震診断の 有無が重要な要素の一つとなっています。

また、5,000u以上の病院、ホテルなど一定の建物には、耐震診断の報告が 義務付けられています。

耐震改修においては、様々な補強方法・工法があり、費用や期間も千差万別です。
当協同組合では、組合員の技術力・経験を集約し、より効率的かつ経済的な改修を 提案しています。

3.欠陥建築問題解決の為の建築技術サポート

欠陥建築紛争において、建築主や区分所有者の代理人である弁護士から、建築に 関する技術面でのサポートの依頼を受けた場合は応じています。
Copyright Since 2009 建築構造調査機構 All rights reserved.